おきらくOLのひとり旅日記。

旅は人生のスパイスだ!

「ホテル八重の翠 東京」に泊まってきたよ

先日、東京に行ったときに利用した「ホテル八重の翠東京」がとってもよかったので、その宿泊レポです。

2020年初夏に開業したまだ新しいホテル。

東京駅からも徒歩圏内だし、お部屋も機能的で高級感あってとても居心地よかった。

そして!そして!なにより朝食!朝食が最高でした!!ほんとに。朝から、ガチの鯛茶漬けをいただいてまいりました……まじでコスパ良すぎる……ほんとこのホテルに泊まるなら、朝食はぜったいにマストです。

それでは早速レポです。

 

どんなホテル?

ホテル八重の翠東京は2020年初夏に開業したばかりのホテル。

第一ホテル東京」や「レム」を運営している阪急阪神第一ホテルグループのホテルです。日本の美しさや「翠(みどり)」をコンセプトにしたホテルとのこと。

 

どこにある?

最寄り駅は地下鉄日比谷線八丁堀駅」で、A5出口から徒歩約3分。

東京駅八重洲口からも徒歩12分という立地の良さ。

私は八重洲口から八重洲通りをまっすぐ歩いて行ったみたけど、荷物を持ってギリ歩ける距離感っていう個人的感想。ちなみにタクシーを使っちゃえば3分ほどで到着できるので、荷物が多い時とかはタクシー使っちゃったほうが賢明かも。

ちなみに、1階はエレベーターホールと朝食会場にもなる「楓川」という和食のお店があり、フロントは14階になります。

エレベーターホールもこんな感じで雰囲気良くて、お香の香りなんかもしてすっごく素敵でした。とてもいい。

周りはオフィスビルが多い感じだったけど、向かいにコンビニ(ローソン)あったし、隣にはラーメン屋さんもあったし、わりと便利そう。ヤエチカももちろん近いから、飲食店には困らなそうなエリアです。

 

こんなお部屋に泊まったよ

今回はスタンダードシングルを予約していたのですが、チェックイン時にアップグレードしてくださったので、実際に宿泊したのは「モデレードダブル」のお部屋。

お部屋

18㎡の客室なんだけど、とっても広々とした印象ですごく使いやすいレイアウトでした。

客室入ってすぐはこんな感じ。一番手前にお手洗い、その横にバスルーム。手前に洗面所があって、その奥に居室です。

ベッドは160cm幅のシモンズ製のベッド。程よい硬さのマットレスで、私好み。ちなみにパジャマはワンピースタイプでした。

ベッドの横にはベンチソファー。色もかわいい。テーブルもあるから、なにか食べたり飲んだりするのに便利。ただし、ワークスペースとしてはちょっと小さいかも。

テレビは壁掛けで、YouTubeが見られたりミラーリングもできるタイプ。

テレビ横のチェストには、まず冷蔵庫とケトルなど。冷蔵庫の中にはミネラルウォーターも常備されていました。

冷蔵庫の下には、セキュリティーボックス。

一番上段には、スマホの充電器と卓上鏡。コーヒーカップもあって、ドリップコーヒーとお煎茶が常備されています。

また、壁付けの棚には、南部鉄瓶と素敵な茶器とグラスが。和の雰囲気。

バスルーム・洗面所・トイレ

こちらのホテルは、全客室が洗い場付きのお風呂になっていて、洗面台も個別配置になっています。

で、このモデレードダブルについてはバス・トイレ・洗面の3点が完全独立になっているので、とっても使いやすかった。ほんとに。この水回りの良さはかなりの高ポイントでした。

まず、洗面所がこちら。信楽焼の洗面台だそうで、とっても高級感あってよかったし、意外と使いやすかった。一般的なユニットバスの洗面台よりも、高めに設置してあるのかな?という印象。

洗面台の下には、アメニティー・ドライヤーとタオル類が。

アメニティーのなかには入浴剤もありました。助かる~。

スリッパは使い捨てタイプ。他のホテルでもよく見かけるタイプのスリッパでした。

バスルームもわりとゆったり。170cmの私が足を伸ばして入れるくらいのバスタブ。

トイレはこんな感じ。清潔感あるし、狭すぎず(←これ大事)でとても快適でした。

ちなみに、洗面スペースと居室の間は引き戸があって完全に仕切れるようになっています。これがあると格段に居心地がよくなりますよね。

とにかくまずはまだ新しいホテルだから、とってもキレイ。で、お部屋のレイアウトも機能的に作られていて使いやすかったし、落ち着いた和の雰囲気のインテリアですっごく居心地よかったです。

大満足の朝ごはん

おはようございます!朝ごはんです!

朝食会場は1階にある「楓川」にて。ビュッフェではなくセットメニュー。焼魚定食か鯛茶漬けの2種類から選びます。

私は迷わず鯛茶漬けをチョイス。ドリンクだけはセルフサービスになっていたので、飲み物を取って席で待ちます。

しばらくすると、お膳が到着!大きな土瓶は鯛茶漬け用のお出汁が入っています。

左上の揚げ物は、鯛のから揚げ。身がふわっふわでおいしかった。

親切に鯛茶漬けの食べ方についての説明もついてます。

ちゃんと料理人さんがしっかり作ってくださっているという本格的なお味で、サラダのドレッシングからしておいしかったし、だし巻き卵もお出汁の風味がしっかり効いていて最高だった。

肝心の鯛茶漬けも、厚みのある鯛が思ってた以上にたっぷりと入っていて、ごはん一膳じゃぜんぜん足りないくらいでした。ので、もちろんおかわりしました。(ごはんのおかわりはセルフサービスです)

胡麻だれのお味も甘すぎなく、ごまの風味が感じられて上品なお味でした。ワサビをたっぷりと添えて、温かいお出汁をかけていただく鯛茶漬け。至福でした。おいしかった。この朝ごはんを食べるためだけにも、ここに泊まりたい!と思ってしまうほど。

ちなみに、朝食は2,000円。コスパ良すぎだと思います。

 

景色のいいロビー

こちらのホテルはフロントが最上階になっていてとても景色がいいのも特徴。

ちょっとした屋上庭園もあって、癒されました。

鹿威しもある。

 

まとめ

今回は、初めて宿泊した「ホテル八重の翠東京」の宿泊レポでした。

2020年開業の新しいホテル。なんとなく気になってはいたけど宿泊する機会がなかったのですが今回初めて利用して、とってもとっても気に入ってしまいました。

チェックイン時、ちょっとした不手際があってガクッとズッコケてしまったのだけど(笑)、それを払拭してくれるくらいのお部屋の良さと朝ごはんの素晴らしさでした。

新幹線利用者なので、東京駅から徒歩圏内な八重洲エリアに泊まるっていうのもとても便利だったので、ぜひまたリピしたいと思ってます。もちろんその時も朝食付きで!

(いやぁ~あの鯛茶漬け本当においしかった……ビジホの朝食のレベルを超えてた…おいしかった……ちゃんとした料亭の味って感じだった……ぜひ食べてみてもらいたい気持ちでいっぱい)