おきらくOLのひとり旅日記。

旅は人生のスパイスだ!

台南市美術館一館はステキ空間だった!

引き続き台南の話。

ここまでのブログはこちら。

 

www.okiraku-hitoritabi.work

 

 

さて、遅めの朝食を食べた私は、今回の台南訪問の目的のひとつでもあった「台南美術館一館」へ!

そう、こちらは、EXILE AKIRAさんと、リン・チーリンさんの結婚披露宴が行われた場所として話題になりました。あのニュースを見てから、私もとっても行ってみたくて!

日本統治時代の台南警察署をリノベーションし、2019年に美術館として再オープン。でも、警察署だったとは思えないくらい、とってもステキな空間になっていました。展示もおもしろかったし。

台南小吃食べ歩きの途中に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

f:id:ohagi1979:20200127204217j:plain

 

 

 

 

どこにある?

台南市美術館一館は、台鉄台南駅からは歩いて15~20分くらいかな。

友愛街と南門路の交差点にあります。

近くには、孔子廟や国立台湾文学館があって、街歩きの途中にも立ち寄りやすいところにあります。

 

 

 

入場料は?

1階は無料。

2階の見学には入場チケットが必要。

チケットは台南市美術館二館との共通になっていて、これを買えば両方に入場ができるようになっています。

 

f:id:ohagi1979:20200127204437j:plain

 

2階の有料エリア

まず、チケットを購入したら、2階に上がる階段の下に係員の方がいるので、チケットを提示しましょう。

この階段もすっごく素敵でした。

f:id:ohagi1979:20200127204446j:plain

 

このときは、 彫刻とか、現代アート的なものを展示してあったり、この建物の修復に関する展示があって、日本語の説明とかはなかったけど、十分楽しめました。

展示室はいくつか分かれていて、けっこう自分のペースで見て回れるのでよかったです。

 

そして、二階に上がらないと来れないのが、このテラス。

f:id:ohagi1979:20200127204500j:plain

f:id:ohagi1979:20200127204456j:plain

とても広々としたテラスで、中庭のガジュマルを見下ろすこともできて、すごくステキなスペースでした。写真撮るのにも良さそう。おすすめです。

 

カフェだけでも!

一階には、温故知新珈琲館(REVIVAL COFFEE ROASTERS)というカフェがあります。ここは、入場券がなくても大丈夫!

とてもステキな雰囲気のカフェで、ゆっくり落ち着いて過ごしたいときにぴったり。このカフェだけでも是非訪れてもらいたいくらい。

f:id:ohagi1979:20200127204546j:plain

 

ガジュマルのある中庭のすぐ横にあります。

f:id:ohagi1979:20200127204540j:plain

 

 

f:id:ohagi1979:20200127204527j:plain

インテリアもとてもオシャレ。新しいとノスタルジックが合わさったような雰囲気でとても落ち着きます。

 

店内に入ると、まず席に案内してもらいます。メニューをもらって、注文と支払いはカウンターへ。

私はすこし小腹が空いていたので、ワッフルとコーヒー。メニューは日本語はなかったです。

 

ワッフルにはお餅が入っててビックリ!

外はサックリ、中はもちもちという楽しい食感。お餅だしちょっとヘビーだったかな?と思いきや、すごくおいしくてペロリと平らげてしまいました。

f:id:ohagi1979:20200127204531j:plain

 

で、コーヒーもめちゃくちゃおいしかった。コーヒー豆の販売もしていたので、かなりこだわりがありそう。

ゆっくり座って寛ぎたいときに、とてもおすすめなカフェでした。



f:id:ohagi1979:20200215215455j:image

 

 

 

まず、建物自体がステキなこの美術館。外観だけでもいいけど、ぜひ館内に入ってその雰囲気を味わってもらいたいな。ちなみに、この建物の設計者は梅澤捨次郎さんという日本人の方。

歴史を感じながら、ステキにリノベーションされた空間で、ゆったりのんびり時間を過ごせるところでした。また行きたい。

 

 

f:id:ohagi1979:20200127204519j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
  にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
  にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ