おきらくOLのひとり旅日記。

旅は人生のスパイスだ!

ひとり温泉旅「淘心庵米屋」に泊まってみた(伊東温泉)

こんにちは。

まだまだ旅行には…という方もいるかと思いますが、先日私は自分が住んでいる静岡県内にある温泉へひとり旅に行ってきました!

これまで何度もひとり旅には行っていたけど、温泉旅館にひとりで行くのは実は今回が初!これが予想以上にゆっくりできて、すごくいい旅になりました。

最近は「マイクロツーリズム」という言葉も知れ渡ってきて、近場の旅行から楽しんでみようと思っているかたも多いと思います。gotoキャンペーンもあって、普段ではなかなか泊まれない高級旅館にも手が届くチャンス!

ぜひ、ひとり温泉で日ごろの疲れを癒しに行きませんか?

 

 

こんなお宿に泊まってみました!

まず、今回宿泊した旅館について。

f:id:ohagi1979:20200802163914j:plain

「淘心庵米屋」という、伊豆の伊東温泉にある宿にしました。

ちょうど静岡県民限定のお得なプランがあったのも選んだ理由だけど、以前から泊まってみたかった宿だったというのもあるし、こじんまりした小規模な旅館なので、あまり他の宿泊客にも合わずに過ごせるかなと思ったのがポイント。

あ、あと、食事。食事処が個室だったのも選んだ理由(部屋タイプによっては部屋食になります)。ひとり温泉、何が不安って「食事」だったので。個室なら、ひとりでも周りを気にすることなくゆっくりできそうだし、コロナ対策にもなる!!

そして、なにより、実はこのお宿、全室客室に露天風呂か半露天風呂がついています。しかも源泉かけ流し。露天風呂付客室に泊まりたかった私にとっても、これはかなり好ポイントでした。

ちなみに、この宿は「共立リゾート」系列。ドーミーインなども手掛けている会社です。こちらの系列旅館・ホテルがもともと好きで他の宿は何度か泊まっていたので、安心感もあってここに決めたという感じ。 

 


 

お部屋

私が宿泊したのは、「柔風・静海」という露天風呂付の客室。

この宿の中では比較的コンパクトな客室で、ひとりでゆっくりするにはちょうどいい。宿自体が住宅街の中にひっそりと建っていて、海沿いなどではないのであまり眺望がいいとは言えないけど、ひとりでおこもりするのには本当にぴったりのこじんまり感。

f:id:ohagi1979:20200802165230j:plain


あの窓の外に、露天風呂があって常時温泉が注がれています。いつでも入り放題!!

 f:id:ohagi1979:20200802220200j:plain

 

大満足のお食事

 次はお食事。夕食も、朝食も個室の食事処でいただきました。窓の外には川が流れていて、ゆったりとした個室でゆっくり落ち着いてお食事をいただくことができました。

私が泊まった時のお品書きは、こんな感じ。季節のものがあったり、メインや最後のお食事はいくつかある中からチョイスできるようになっていて、それも楽しかった。

f:id:ohagi1979:20200802163939j:plain

 

お刺身も、これ一人前?っていうくらいの豪華さ。おいしかった。自分ですりおろす生わさびも伊豆らしくて、とてもよかったです。

f:id:ohagi1979:20200802163951j:plain

そしてとにかく素晴らしかったのは、お給仕してくださる仲居さんの接客。ほどよい距離感で接してくれるけど、とっても親しみやすい感じで、そしてとにかくお料理の配膳タイミングが素晴らしすぎでした。ちょうど食べ終わったころに、次の品が来る感じで、食べ終わってしばらく手持無沙汰~なんてことは一切なく、とても快適に食事が楽しめました。本当にすばらしい仲居さんでした。

 

そして、翌日の朝食も最高だった~。普段は朝からそんなに食べれないんだけど、この日はぺろりと全部食べちゃいました。(しかも、ご飯をおかわりした!)

そして一番驚いたのがこれ!みかんにストローがぶっ刺さってる!(笑)

生絞りのミカンジュースです。これもおいしかったなぁ。

f:id:ohagi1979:20200802163903j:plain

なんというか、お食事の快適さ・おいしさ・すばらしさが一番印象に残ってます。

はぁ、また行きたいな…。 

 

温泉でゆっくり~

お風呂は、大浴場と露天風呂、あと貸し切り風呂が一か所あります。貸し切り風呂は予約制ではなくて空いていれば利用できるというもの。そして、客室の露天風呂ですね。

今回予約したプランがアーリーチェックインのできるプランだったので、通常15時のチェックインが14時にできました。せっかくならばということで、14時にチェックインしてまずは大浴場へ。時間が早かったこともあって、他にお客さんはいなくて貸し切り状態。最高でした。

ちなみに、共立リゾート系列なので湯上りのヤクルトもあります。朝は瓶入りの牛乳。湯上りの一杯、しあわせ♡

 

ひとり温泉のメリット

 今回、初めてひとり温泉旅をしてみて、これほどまでにゆっくりリフレッシュできる旅があるだろうか…と、正直かなりハマってしまいました。

どのタイミングで温泉入りに行ってもいいし、部屋でなにもせずに思う存分ゴロゴロしてても気兼ねないし、とにかくとにかくゆっくりできる。

つくづく、リフレッシュ旅にはぴったりだなぁと思ったわけです。

 

withコロナ旅のコツ

 以前のように、自由に何も気にせず旅をできる状況ではないことはしっかり頭に入れて旅を進めていかなければなりません。

この宿でも対策はとっていて、食事処に入るときにはアルコール消毒をすることになっていましたし、チェックアウトの精算は各客室で行ってくれました。

もちろん自分でも部屋に戻ってきたときには必ず手洗い・うがいを行ったり、大浴場へもなるべく混雑していなさそうな時間を選んで行き、それ以外は客室の露天風呂を使って他の宿泊客と会わないように気を付けたり。

 なるべくリスクを減らすように、考えて注意して旅を楽しみましたよ。それでもやっぱり旅行は楽しかった。ほんとに。

 

www.okiraku-hitoritabi.work

 

・・・・・・

 

初めて行ったひとり温泉旅。率直に言って、最高でした。またすぐにでも行きたいくらい。

なかなか緊張感のある、息の詰まる日々が続いているけど、細心の注意を払って今後も旅を続けていきたいなと思います。

 

 ご予約はこちらから